自己破産のメリットとデメリット

MENU

自己破産とは?

自己破産とは、借金返済が限りなく不可能であると裁判所に申し立て(破産申立書の提出)、免責許可の認定を貰い、背負っていた借金を0にしてもらうという物です。

 

上記の話だけを聞くと「借金がチャラになるすごく美味しい制度」と受け取られるかもしれませんが、当然そのメリットと引き換えに様々な「デメリット」も存在します。

 

もし自己破産を考えている方は、メリットとデメリットをよく見比べてみて、この制度が今一番良い解決方法かどうかを知る必要があります

自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリット

 

  • 今まで行っていたすべての借金の返済義務が免除される。
  • 免責許可が認められれば、給料の差し押さえなどの強制執行をされる事がなくなる
  • 免責許可の手続きの際、すべての財産を差し押さえられると思われがちですが、ある程度の財産を残しておく事が可能。

自己破産のデメリット

 

  • 自己破産してしまうと、最低限の生活費など以外は債務者に配当されてしまいます。つまり、財産のほとんどを失ってしまいます
  • もし連帯保証人を立てていた場合、たとえ自己破産の手続きが完了した所で、連帯保証人には関係なく取り立ては続きます。ですので、あなたが借金を払わなくてよくなるだけであり、保証人になってくれた人には迷惑をかけ続ける事になってしまいます。
  • いわゆる「ブラックリスト」に入ってしまい、5〜10年間は借入やクレジットカードの新規作成が難しくなります。
  • 「官報」という国が発行している機関紙に住所や名前などのあなたのプライベートな情報が載ってしまいます。また、役者が管理する「破産者名簿」にもあなたの情報が記載される事になります。
  • 免責が正式に決定するまで、一定の職業への就業の制限、長期の旅行、引越しなどの制限をかけられます。

 

注意!!!

自己破産の都市伝説で

 

  • 年金がもらえなくなる
  • 選挙権がなくなる
  • 戸籍に破産経験者と記載される

 

などの話が上がる事がありますが、上記の3つは自己破産をしても行われる事はないので安心してください。

 

免責が認められない場合も…

 

何でもかんでも自己破産を申請すれば免責が通る訳ではありません。

 

特に「ギャンブルや激しい浪費など」で作ってしまった借金は、破産法という法律で免責不許可事由と定められています。

 

また、自己破産の際に財産の隠ぺいをしたりする事も免責不許可事由に該当します。

 

その他の免責不許可事由についてはこちらから⇒破産法252 条

 

しかし、実際は軽度の免責不許可事由であれば、裁判官の裁量で免責が認められる場合もありますので、一度今の自分の状態を弁護士などに相談する事をおすすめします。