借金返済の準備を始めよう

MENU

借金返済に不安を抱えているあなたへ…

借りた時は、返済可能だと思っていた借金でも、収入の変化や突然の大きな出費などの影響で、返せなくなる事は少なくありません。
最悪のケースでは、その「返せなくなった借金」を返す為にまた別の所でお金を借りる…なんて事になる場合もあります。

 

こういった状態になってしまえば、なんらかの方法で借金を整理していくしかありません。

 

借金整理というと「自己破産」が有名ですが、それ以外でも財産を持ちながら返済していく手段はあります。早めの対策を心がけましょう!

 

借金の取り立てが厳しくなる前に

借金の返済が滞りがちになると、債務者からの催促状や電話などが来る事が多くなります。
最近では貸金業規定法の影響で、以前のような厳しい取り立て行為が行われる事は少なくなりましたが、やはりこういった物は精神的に大きなストレスになりますよね。
特に返済計画のメドがまったく立ってない場合などは尚更憂鬱になると思います。

 

しかし、「めんどくさい」や「どうしていいのかわからない」と言って、それらを無視していては、事態はますます深刻な方向に進んで行ってしまいます。
このような事態に陥ったら、早い時期に債務を整理する必要があります。

 

この場合、債務整理のプロである弁護士や司法書士などに相談する事をオススメします。
しっかりとした正統な手続きを開始すると消費者金融などの貸金業者は理由なく催促をすることができなくなります。
あなたの生活を守る為にも、まずは債務を整理する決断、プロに相談この2つを実行しましょう!

借金返済の準備を始めよう|借金返済相談ナビ記事一覧

借金は法律上は債務と呼ばれ、返済する方法や金額はその時に契約した内容によります。借金の種類は一般的な生活費、住宅ローン、事業資金などその目的によって分かれますが、法律は業者ごとに規制を行っていますので、業者ごとに借金を分類整理するとよいでしょう。お金の借り方の種類クレジット商品を購入したり、サービスを受けた時にする支払を延払いにしたり分割払いによって支払う方法です。つまり、商品やサービスはその場で...

消費者金融などの業者は「貸金業法」と呼ばれる法律で、その業務や金利等を厳格に規制されています。もしこの法律を金融業者が違反した場合、監督官庁などに申告することにより処罰の対象となります。貸金業法の詳細開業規制貸金業の開業は内閣総理大臣または、各都道府県知事に事前に申告・登録する「登録制」になっています。また、開業後も3年ごとに登録を更新していかなければなりません。もし、登録せずに無許可で貸金業を運...

貸金業者は、利息制限法により、金利の上限が決められています。元本が10万円未満の場合は年20%元本が10万円以上100万円未満の場合は年18%元本が100万円以上の場合は年15%この制限金利を超過する部分は、利息契約を無効としています。もしあなたが利息制限法で定められた以上に金利を支払っていた場合、その超過分はまず元本に充当される事になります。そして元本が完済状態になった場合の過払い金は返還請求を...

経済が急成長していたバブル期とは違い、給料の大幅なアップが難しい現在。危機管理の意味を込めて、収入や借金(特に消費者金融やカードローンなど)の管理をしっかりとするべきです。現代の借金はシステム化されており、ボタン一つで数十万、数百万のお金を借りる事、またはカードでの買い物が可能となりました。ですので、「催促状が来た」「カードが止められた」などの警告で、初めて自分に多額の借金がある事に気付く人もいま...

債務整理を考えるほとんどの人が「余裕がなくなった時」つまり月々の支払が厳しくなった、出来なくなった時であると思います。そういった人の中には貸金業者に厳しい取り立てをされて精神的にも疲れている方も多いでしょう。多重債務の状態に陥っている方は、返済はキチンとしなければいけないと考えている真面目な方が多いです。そういった性格からか、一社からしていた借金が返せなくなるともう一社から借りて返済に充てる…とい...