民事再生のメリットとデメリット

MENU

民事再生とは?

民事再生とは自己破産のようにすべての借金が免責される訳ではありませんが、大幅(100万円または借金総額の5分の1)に減額することができ、それを3年間の間に払い終わるように計画的に返済していくという物です。

 

この制度の一番の特徴は、『住宅ローンの特則』を利用して、住宅を維持しながら減額された借金を返済していける点にあります。

 

民事再生のメリットとデメリットを確認して、現在のあなたの状況に合った解決法であるかを知ってください。

民事再生のメリットとデメリット

民事再生のメリット

 

  • マイホームを手放す事なく借金を返済していく事が出来る
  • 住宅ローンの返済計画をもっと返済しやすい物に変更する事が出来る
  • 現在の総借金額を大幅に縮小する事ができる。
  • 無計画な浪費やギャンブルで作ってしまった借金でも手続きが可能(自己破産と違い免責不許可事由がない)
  • 資格制限により自己破産が出来ない人でも民事再生なら可能
  • 安定した収入があればフリーターやパートでも利用できる。

 

民事再生のデメリット

 

  • 借金を返済していく事を前提とした制度なので、安定した収入がないとこの制度を利用する事が出来ない
  • 再生委員への報酬を支払わなければならない(別途数十万程の費用がかかる)
  • ブラックリストに登録される為、5年〜7年間はローンやクレジットカードの作成、新たな借金が無理になる
  • 官報に個人情報を掲載される事になる
  • 連帯保証人には取立禁止効果はない為、迷惑をかける事になる。
  • 借金が5000万以上あると利用できない。(住宅ローンは除く)

民事再生は弁護士に相談を

 

民事再生は、住宅を維持しながら借金を返済していかなければならない人、自己破産では資格制限により今の仕事を継続できない人、借金を返済していく意志はあるが、もう少し経済的に余裕のある返済計画にしたい人などに有効な方法です。

 

民事再生の手続は非常に難しく、自分一人で出来る物ではありません。必ず弁護士に相談依頼して、解決への道を進めましょう!