任意整理のメリットとデメリット

MENU

任意整理とは?

任意整理とは、裁判所が関与せず弁護士や司法書士が債務者と債権者の間に入り、今の返済額や返済方法より、より有利な条件な物にする手続きの事です。

 

裁判所を通さない分、手続きなどが大幅に減り、スピーディーに事が運びますが、免責される借金の額は自己破産や民事再生に比べて少ないのが特徴です。

 

任意整理のメリットとデメリットを理解して、あなたの借金返済に役立つ方法かどうかを確認してください。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリット

 

  • お金を借り始めた当初の金利まで遡って、上限金利(15〜20%)に合わせた引下げ計算をする為多く払っていた利息分の借金が減額されます。
  • 未払いであったり、将来支払うべきだった金利、遅延金なども全額免除される。(和解条件により異なる)
  • 裁判所を通す「自己破産」や「民事再生」に比べて、手続きがスピーディー。また、用意しなければならない証明や必要書類も少ない。
  • 保証人を立てている借金は今まで通り返済して、その他の分だけを任意整理するといった様な事ができる為、保証人に迷惑をかける事なく債務整理が出来る。
  • 裁判所を通さず、債務者と債権者で話し合うので、「官報」などに個人情報が載る心配がない。
  • 家族や恋人に知られる事なく内密に事を進めれる。

 

任意整理のデメリット

 

  • ブラックリストに載ってしまう為、新規の借り入れやクレジットカードの作成などができない。
  • 裁判所を介さないので、自己破産や民事再生のように強制的に借金が免除されるわけではない。
  • 返済金が期待していたより減らない場合もある。
  • あくまで、話し合いである為、必ずしも「和解」するとはかぎらない。