闇金業者 借金 返済

MENU

闇金業者への借金は返済しなければならないのか?

出資法による利息が違法とされる現在、サラ金業界は厳しさを増しています。

 

そういった中、各企業はリスク軽減を目的とした「貸し渋り」なども行っており、融資を受ける事が出来ない「融資難民」の人々が闇金業者に流れて行ってしまっている問題が起こっています。

闇金業者とは何か?

貸金業を営む為には、都道府県知事に申請・登録を行わなければいけません。
東京なら東@などの表示を見た事がある方も多いかもしれませんが、あの表示がいわゆる登録証明となっています。

 

出資法に定められた金利(上限29.2%)を上回る利息を要求する業者はすべてが闇金業者です。
ですので、貸金業登録をしていれば闇金業者ではないとは言い切れないので注意が必要です。

 

闇金業者の具体的な特徴は以下の物です。

 

超高金利を要求する

映画や小説などでも度々出てくる「トイチ」や「トゴ」などの言葉を聞いた事がある方も多いと思います。これは、10日で1割や10日で五割などの超高金利の意味です。

 

これらを年利に換算すると「トゴ」の場合だとなんと1825%の超暴利になっています。

 

法律で禁止されている過度な取り立て行為

貸金業者は金利だけでなく、その取り立て行為も「貸金業法」によって厳しく定められています。⇒貸金業者を規制する法律について

 

しかし、闇金業者はこれらの法律を無視して厳しい取り立てを行ってきます。

返済出来ないとわかっていながら融資する

明らかに返済出来ないとわかっていながら融資するのも闇金の特徴です。

 

返済出来ない人からは取り立てる事が出来ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、闇金業者は親や兄弟、親戚などからでも回収しようとします。
ですので、本人の返済能力とは無関係に貸付を行います。

 

闇金から借りたお金は返す必要がない!

 

上記の記述を読んでもらえば気付かれたと思いますが、彼らは「貸金業者」ではなく法を犯す「犯罪者」です。ですので、利子はもちろんの事借りたお金も返す必要がありません。

 

平成20年法外な利息の返還を闇金業者に求めた訴訟で、最高裁は利息分と元本を賠償請求できる判決を下しました。
つまり「最高裁は違法な貸金業者から借りたお金は返済する必要がなく、今まで支払った利息も全額返還請求できる」と判断した訳です。

 

もしこれらの業者から借金をしてしまっている人がいるのであれば、すぐに専門家に相談する事をオススメします。

 

最近では携帯電話の普及から「090金融」と呼ばれる身元を抑えにくい業者も多数存在しますが、まずは相談からスタートしてみてください。

闇金業者からの借金は返さなくてよいのでしょうか?関連ページ

年間どのくらいの人が借金整理をしてるの?
年間で何人くらいの人が借金整理をしえいるのでしょうか?
借金整理をしなければいけないタイミングは?
借金整理を始めるタイミングについて
借金の返済をしないで放っておくと?
つい現実逃避したくて借金を放っておくと…
借金整理後の生活はどう変化するの?
借金整理後の生活の変化について
自分名義で他人に借金を背負わされた!
自分の証明書などを利用され、勝手に借金を負わされた…こういった被害にあってしまったら?
法的に借金を整理することによって家族や子供に影響はない?
法的に借金を整理する事による影響は?
夜逃げをすると借金はどうなるの?
夜逃げをすると借金は免除されるのか?
離婚した場合、夫・妻の借金の責任はどうなるの?
離婚後の借金の行方は…?