借金返済体験談

MENU

多重債務から特定調停の手続きをした麻生さん(仮名)の体験談

生活費を使い込んでしまった時の救済方法として、数年前から消費者金融を利用し始めました。

 

最初は生活費を使いこんでしまった事に反省する気持ちもありましが、徐々にその感覚が麻痺し始めました。

 

借金したお金にもかかわらず、まるで自分のお金であるかのように使い始めてしまったのです。

 

気が付いた時には消費者金融の限度額まで借り入れが増えていき、その返済のために他社からも借り入れるようになりました。

 

借金返済のために借金するという多重債務の状態になってしまったため、支払い能力の限界を感じました。

 

そこで、自己破産するしかないと自分なりに覚悟を決める事にしました。

 

そうなると、様々な資格制限があったりして社会生活にも影響があるために、仕事にも差し支える事が出てくるかもしれません。

 

さっそく法律事務所に出向いて相談してみたところ、特定調停手続きをとるという方法があると言われました。

 

消費者金融との間で返済条件の軽減等の合意が得られれば、債務整理ができる可能性があるというのです。

 

さっそくその方法で債務整理をしてもらったところ、無事に特定調停が成立しました。

 

おかげで、資格制限もなく今までの過払い分を返済分に充ててもらう事により、借金返済が適度な負担で済むようになりました。

 

なるべく早く借金を返済する方法はこちらから